ゴルフにはサンバイザーや帽子が必要?マナー的には必須なの?

女性ゴルファー

ゴルフをする時って、ほとんどの人がサンバイザーか帽子(キャップ)を被っていますよね。

あ、「ゴルフをする」というのは練習場ではなくコースを回る時のことです。

あれって絶対に被らないといけないものなんでしょうか。

そういうルールがあるのか、それともゴルフをする際のマナーとして必要なものなのか…

確認していきましょう。

スポンサーリンク

ゴルフにはサンバイザーや帽子が必要?

ゴルフでコースを回る(ラウンドする)際の服装は「襟付きの服じゃないとダメ」といった決まりがあったりするので、サンバイザーや帽子(キャップ)も被らないといけないものなのかって疑問があるのですが、

ルールとしては「サンバイザーや帽子を被らなければいけない」というルールはありません。

なので、「何も被らなくても構わない」ということになります。

 
私はゴルフに行った時、何も被らずにプレーすることが多いです。

サンバイザーやキャップを被ることもたまにはあるのですが、何も被らない場合がほとんど。

夏でもです。

なぜかというと、なんとなく邪魔というか…ちょっと気になるからです。

あと、髪の毛がペタッとなるのも気になるところ。誰も見てないんですけどね(笑)

周りの人はほぼサンバイザーか帽子を被っているので、これって本当はダメなのかな?と思っていました。

でもルールにないってことは、被らなくてもOKだといえますよね^^

 
ですが、ゴルフ場によってはサンバイザーや帽子を被るよう言われることもあります。

ローカルマナーとして設定していたり、ドレスコードのようになってると考えられます。

その場合は、ちゃんとそこのルールに従いましょうね^^

また、サンバイザーや帽子(キャップ)はメリットも多いので、その点からも被ることが推奨されます。

・直射日光を避けて熱中症(日射病)を防ぐため

・紫外線を避けて日焼け防止のため

・ボールが頭に当たったときの衝撃緩和として

・帽子のツバにボールマーカーを付けることができて便利

主にこういったメリットがあります。

ほとんどの人がサンバイザーや帽子(キャップ)を被っているのは、「みんなが被っているから被るのが当たり前(マナー)だと思っていた」ということに加えて、実用的な面で有効なので着用しています。

特に、日差しが強い時期は熱中症予防や日焼け予防として必須と言えます。

ボールマーカーを付けることができるというのも、大きなポイント。

ボールが頭に当たったときの衝撃緩和…つまり安全のためですが、これをメインの理由として帽子を被っている人は少ないと思います。

帽子一つでダメージはそんなに変わらないだろうと思っている人が多いのですが、実際には変わります。

もちろんサンバイザーよりキャップの方が防御力は高いですね^^

 
私はサンバイザーや帽子をあまり被らないと言いましたが、最近は少し被ることが増えてきました。

一番の理由は直射日光を避けるためです。

髪の毛や頭皮に悪影響を及ぼし将来ハゲやすくなるかもしれない…という恐怖からです(笑)

プロは必ずサンバイザーやキャップを被っているけど?

ゴルフ観戦に行ったりテレビを見たりしていて思うのは、

「プロの人はみんなサンバイザーやキャップを被っているなぁ」ということです。

プロが被っているんだからやっぱり被らないといけないものなんだ、そういうルールなんだ、と認識している人もいるのではないでしょうか。

なんとなくそう思っちゃいますよね。

 
ただ、プロの人はサンバイザーや帽子を被る理由の一つとして「スポンサー」があります。

スポンサー契約をしているメーカーのロゴを見てもらうためですね。

これは大きな理由です。

もちろん、機能的なメリットも理由ですが。

スポンサーリンク

ゴルフの帽子はどんなものでもいい?

「ゴルフをプレーするときは絶対に帽子を被らなければいけない」というルールはないので、基本的にはどんな帽子でもOKです。

ゴルフ用でなくても、スポーツに適したものであれば問題なしです。

とは言っても、見栄えを気にするならゴルフ用として売っている物が無難だと思います。

 
あと、

最近はサンバイザーの人が多い気がします。

やっぱりキャップよりサンバイザーの方がおしゃれに見えるからでしょうか。

若い人は特にそうだし、女性は髪型の都合もありますよね。

【関連】
ゴルフではサンバイザーとキャップのどっちがいい?その理由は?

ゴルフにサンバイザーや帽子は必要か:まとめ

ゴルフをする時は、サンバイザーや帽子(キャップ)が必要なのか。

答えとしては

被らないといけないというルールはないので、好きにしてOK

です。

ただし、ゴルフ場側のルールがあればそれに従う必要はあります。

 
私は夏でも被っていませんでしたが、今後はできるだけ被っていこうと思います。

頭皮へのダメージが気になるので(笑)

紫外線が弱く涼しい時期は被らないですが。

【関連記事】
熱中症と熱射病の違いは何?日射病もあるけどどう違う?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました