ゴルフではサンバイザーとキャップのどっちがいい?その理由は?

ゴルフ

サンバイザーとキャップどっちを選びますか?

ゴルフのコースを回る時にはほとんどの人がサンバイザーやキャップを被っていますが、あれってどっちがいいんでしょう?

機能的な違いとか、メリット・デメリットがそれぞれにあるはずですよね。

意外と「あ、そういう役割もあるんだ」という発見があるかもしれません。

ゴルフをする上でのサンバイザーとキャップについてチェックしましょう。

スポンサーリンク

ゴルフではサンバイザーとキャップのどっちがいい?

まずはサンバイザーから。

ゴルフに行って周りを見渡してみるとサンバイザーを被っている人は多いです。

私の印象ではキャップよりサンバイザーの方が多い感じです。若い人と女性は特にその傾向が強いと思います。

やっぱりキャップよりサンバイザーの方がおしゃれ・カッコイイというイメージがあるからかな?

 
で、

サンバイザーの機能としては「遮光」ですよね。

でも頭頂部から後頭部をガードすることはできないので、ほんとに限定的な日よけになります。

日差しが強くて暑い日は、髪や頭皮へのダメージもあるし熱中症の恐れもあります。

あと、ゴルフボールが当たった時にもサンバイザーは頭を覆う部分が少ないので保護効果があまりありません。

運良くサンバイザーのつばの部分に当たってくれればいいんですが、あまり期待はできないですよね。(頭にボールが当たること自体、運が悪いわけですが)

それでも何もしないよりは、つば部分によるボールの顔面直撃防止にはなりますが。

こうしてみると、やはりサンバイザーはファッション要素が強いですよね。

 
それに対してキャップはどうでしょう?

キャップの機能は「遮光」「頭部保護」です。

つばの部分に関してはサンバイザーとほぼ同じですが、頭頂部と後頭部(半分くらい)も覆ってくれるので全然違いますよね。

直射日光(紫外線)から髪や頭皮を守れます。

熱中症対策にもなります。

ただ、覆っている分「熱がこもる」ことも考えられるので、真夏なんかは半分メッシュになってるような風通しのいいキャップがオススメですね^^

【関連】
>>暑さに強くなるにはどんな方法を試せばいい?サウナはダメ?

 
頭部の保護に関しても、明らかにキャップに軍配が上がります。

ゴルフボールが頭に当たることはほぼありませんが、万が一当たった時のことを考えるならキャップの方がいいです。

ものすごい勢いで飛んできたボールに対してはあまり効果がなさそうにも感じますが、実際にはだいぶ違いますので。

結局サンバイザーとキャップどっちがオススメなの?

「遮光」についても「頭部保護」についてもサンバイザーよりキャップの方が優秀です。

ボールマーカーをつばに付けるのは同じだし、やはり見た目の問題が大きいですかね。

機能重視ならキャップ。

ファッション重視ならサンバイザー。

と言えるかもしれません。

(別にキャップがダサいってことはないです)

 
ゴルフは外にいる時間が長いので紫外線とかはかなり気になります。

紫外線が強い時期、日差しが強い時期はやはりキャップですかね。

総合的にはキャップのが優秀ですけど。

ただ、個人的には春や秋の涼しい時期はサンバイザーの方が気持ちいいです。

なので春秋はサンバイザー、夏はキャップと使い分けるのもいいですね^^

 
一つずつ持っておくと気分も変えられていいですよ。

【関連記事】
ゴルフにはサンバイザーや帽子が必要?マナー的には必須なの?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました