ししとうと青唐辛子の違いや見分け方は?代わりに使えるの?

青唐辛子

ししとうと青唐辛子…似てますよね~

そもそも違うものなのか、もしかして同じものなのか、同じじゃなくても近しいものなのか…

そんなふうに思っている人もいると思います。

青唐辛子も熟せば赤くなるし、ししとうも熟せば赤くなります。

あと、単純に辛いか辛くないかの違いがあるということは分かるものの、ししとうでもやたら辛いものがあったりしますよね。

ということで、ここでは「ししとうと青唐辛子の違い」についてまとめてみました。

見分け方もチェックしますね^^

スポンサーリンク

ししとうと青唐辛子の違いは?

そもそも、ししとうと青唐辛子は違うものなのか…ですが、

ししとうと青唐辛子は「違うもの」とも言えるし「同じもの」と言うこともできます。

というのは、ししとうも青唐辛子(唐辛子)もナス科のトウガラシ属に分類されるものだからです。

ナス科のトウガラシ属には、いろんな種類があります。

そこには甘味種というものがあり、その中の一つがししとうです。

ししとうは、唐辛子の甘味種(辛くない種)ということですね。

ししとうは、正しくは「ししとうがらし(獅子唐辛子)」です。唐辛子なんですね。

他には、ピーマンやパプリカも甘味種です。

・青唐辛子は、辛味のある品種

・ししとうは、甘味種

(青唐辛子の辛み成分を抜いて、食べやすく品種改良したものがししとう)

ナス科のトウガラシ属としては「同じもの」だし、辛味のあるなしで言えば「違うもの」ですね。

ナス科トウガラシ属という意味では、「青唐辛子=ししとう=ピーマン」となってしまいますが、これって違和感あります。

青唐辛子とししとうは姿形が似ていますが、個人的には「違うもの」と言ったほうがしっくりきます。

それに私達にとっては食材であって、辛味があるかどうかが大きなポイントなので、やはり「違うもの」ですね^^

ししとうでも辛いものがあるのはなぜ?

青唐辛子とししとうの違いは分かりました。

でも、ししとうってたまにメッチャ辛いものがありますよね。

何気なく食べたら辛くてビックリしたってことあるんじゃないでしょうか。

それがハズレなのかアタリなのかは人それぞれですが(笑)

 
で、たま~にこの辛いししとうが出てくる原因ですが、はっきりとは分かっていなくていろんな説があります。

ししとうは受粉が不完全で種がきっちり詰まらないと辛くなる、とか

唐辛子の仲間なので唐辛子の花粉を受粉してしまうから、とか

採種地の環境によって辛い品種と混じってしまう、とか。

近くで唐辛子を栽培したからじゃないかってことですね。

でもこれはあまり有力な説ではないです。

比較的有力なのは、ストレスがかかると辛くなることがあるというもの。

高温・乾燥といった天候や水不足によるストレス、生育日数が長くなる(辛味成分がたまる)ことも原因とされます。

ししとうは唐辛子の仲間でもともと辛味の遺伝子を持っているということなので、確かにそう考えると辛くなるのも不思議ではないですね^^

上述したように「青唐辛子の辛み成分を抜いて、食べやすく品種改良したものがししとう」ですからね^^

スポンサーリンク

ししとうと青唐辛子の見分け方は?

ししとうと青唐辛子は似ていますが、よく見ると結構違います。

一番分かりやすいのは、太さでしょうか。

青唐辛子は細いです。それに比べるとししとうは太いですね。(青唐辛子で太めのものもあるので、見分けがつかないこともあるけど)

青唐辛子↓
青唐辛子

ししとう↓
ししとう

収穫前の唐辛子はシワが少ないけど、しし唐はシワが多い…っていうのも一つかな。

ししとうは、実の先端が獅子の鼻の形をしている(だから獅子唐辛子)というのも特徴です。(ししとうの実は先端が丸い)

 
ちなみに、ししとうで辛いものを見分けるポイントの一例は

シワが少ない、サイズが小さい、光沢がない

というようなところです。

こういったししとうは辛いものが多い傾向があります。

つまり、ししとうらしくないものですね。

ししとうと青唐辛子の違いや見分け方について:まとめ

ししとうと青唐辛子の違いや見分け方をお伝えしました。

ししとうは唐辛子の甘味種ということでしたね^^

見分け方をあえて一言でいうなら、「シュッとしてるかどうか」です(笑)

ししとうより青唐辛子のほうがシュッとしてますよね。

基本的な違いは辛いか辛くないかなので、辛い料理にしたいときは青唐辛子の代わりにししとうを使うことはできませんね。

【関連記事】
青唐辛子を栽培してるけど辛くないのはなぜ?辛くする方法は?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました