ペットボトルや缶を早く冷やす方法は?飲み物を1分ですぐ冷やす!

ラムネ

暑い季節に冷たい飲み物は必須ですよね。

麦茶とか、ジュースとか、ビールとか。

でも、たまに「冷蔵庫に入れ忘れてた!」ってことありませんか?

あとでキンキンに冷えたビールを飲もうと思っていたのに、冷蔵庫に入れ忘れてぬるいまま…

ぬるいビールなんて美味しくないので飲めませんよね^^;

気づいたときはすぐ飲みたい状態ですから、もうガッカリ感がハンパないです。

なにかすぐ冷やす方法ないの~?って思ったことあると思います。

そこで今回は、ペットボトルや缶ビールといった飲み物を早く冷やす方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

ペットボトルや缶ビールを早く冷やす方法は?

冷蔵庫に入れ忘れてぬるくなっているペットボトルや缶ビール。

すぐ冷やしたいと思い、まず考えるのは冷凍庫にぶち込むことですよね^^

でも、なかなか冷えてはくれません。

すぐ飲みたい!と思っていると、まだちょっと冷凍庫に入れただけなのに「まだか~」ってなります(笑)

そこでオススメの方法が、

「氷水+塩」を使って冷やす方法です。

 
準備するものは、

・容器(ボウル)

・水

・氷

・塩

まず容器(ボウル)に、氷と水を入れます。氷多めで。

↓これだと水の割合が多いです。水が多すぎると温度が下がりにくくなります。
氷水

氷と水が1:1くらいになるようにいれます。

そこに塩を大さじ1杯ふりかけます。

そこに缶やペットボトルをセットします。

あとは、1分間氷の中で回転させるだけ。

クルクルと高速回転させましょう!

回転で缶の中の熱が対流し混ざることで、早く冷やすことができます。

氷は溶けるときに周囲の熱を奪って溶けます。

塩はそのパワーをアップさせるためのもの。

熱を奪うスピードが上がって、急速に温度が下がります。

 
飲み物を適温(8℃くらい)にするには冷蔵庫で4時間くらい冷やさないといけませんが、これなら1分です。

めっちゃ早いです^^

常温(22℃程度)の飲み物が、1分で4~5℃に冷やされます

デメリットは、クルクル回すのに少し疲れることでしょうか^^

それなりに大量の氷を使うという点もデメリットかな?

 
使う氷や水の量を少なくさせるために、こんな方法が紹介されてました!

2リットルのペットボトル容器を用意。

広い方の側面を窓枠のように切り取ります。

そこに氷と水(塩も)を入れて、あとは冷やしたいものを入れてクルクル。

500mlのペットボトルも入りますね^^

その他の方法

別の方法もあります。

タオルを濡らしペットボトルや缶に巻いて、冷凍庫にインするという方法です。

キッチンペーパーでもいいですよ。

これだと10~15分くらいで冷たくなります。(冷蔵でもいいですが時間が延びます)

気化熱ですね。

水分が蒸発するときに熱が奪われます。

冬、お風呂場から脱衣所に出たときに、体の水分が拭き取れてないとめっちゃ寒いですよね。あれです。

 
先ほどの1分には負けますが、普通に冷蔵庫に入れるよりは圧倒的に早いですね^^

10分,15分くらいなら待てるというときは、この方法が楽です。

スポンサーリンク

飲み物を冷凍庫で冷やすときは注意

飲み物を早く冷やしたいときには、冷凍庫に入れることを考えますが

中身満杯で長時間入れっぱなしにしてバッチリ凍らせてしまうと破裂する危険もあります。

中身を少し減らしておくといいですが、缶はそれができないので上記の方法をオススメします。

ペットホテルを早く冷やす方法:まとめ

ペットボトルや缶ジュースなどの飲み物を早く冷やす方法についてお伝えしました。

・氷水+塩でクルクル回す

・濡れたタオルやキッチンペーパーで包んで冷凍庫へインする

この2つの方法がおすすめです。

最も早いのは「氷水+塩でクルクル回す」です。

とにかく早く!というときはコレです^^

冷やすのを忘れたときは、ぜひ試してみてください♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました