松茸の洗い方や下処理の仕方は?本当は洗わない方がいいの?

松茸

松茸の洗い方ってどうしてますか?

松茸ってよく食べるものではないので、扱い方が分からなくて困ってるという人も多いんじゃないでしょうか。

高級な食材ですから手にする機会は少ないと思います。

でも、できれば適切な処理をして美味しく食べたいですよね。

そこで今回は、松茸の洗い方や下処理の方法についてお伝えしていきます。

ただ、松茸って「洗ってはいけない」「洗わないほうがいい」って言われるので、その点についてもチェックしておきましょう^^

スポンサーリンク

松茸の洗い方は?

松茸は山で取ってくるものなので、土や泥などが付いていることがあります。

さすがに汚れがついているものを食べるのは抵抗があるので、汚れは落としておきたいですね^^

洗い方としては、優しく丁寧に洗うのが基本。

ゴシゴシ洗うのは絶対NGです。

なので、直接流水で洗うのはやめたほうがいいです。

水の勢いが強いと、ゴシゴシ…とまではいかなくても強く洗うのと同じことになってしまいます。

容器(ボウルなど)に水を張って、そこに松茸を入れて優しく洗うようにしましょう。

指の腹で丁寧に。

「こすり洗い」というとちょっと表現が強いかも…「なでる」感じでしょうか。(人それぞれの力加減によりますが 笑)

水に入れる時間はできるだけ短くするのも大事です。

優しくかつ短時間で」がポイントです。

洗ったあとは、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ってください。

 
松茸を水に入れるのが嫌な人は、指を濡らして汚れを落とすとか、湿らせたキッチンペーパーで拭くといった方法でもOKです^^

当然こちらもゴシゴシこするのはNGです。

松茸は洗わないほうがいい?

松茸は「香り松茸、味しめじ」と言われるように、香りを楽しめるキノコです。

この香りを損なわないようにするのが、松茸を美味しく食べるポイントでもあります。

 
「松茸は洗わないほうがいい」と言われるのは、洗うことでこの香りが失われる(弱くなる)からです。

ということは、松茸の香りを損なわないようにするという視点だけで考えれば洗わないほうが良いということになります。

ゴシゴシ洗うのがダメというのも、香りを損なってしまうことになるからです。

松茸表面の茶色い皮の部分がありますよね。

あそこが香りの強い部分なので、ゴシゴシ洗って取ってしまうと台無しになります。

 
ですが、

全く洗わないのはデメリットがあります。

それは、雑菌を落とせないということ。

松茸は土や泥がついているほかに、雑菌がついていることもあります。

自然のものですからね^^

土や泥以外に雑菌を洗い落とすという意味でも、短時間でサッと洗うことをオススメします。

松茸の下処理について

松茸の下処理は、

・サッと洗う(表面の汚れを落とす)

・一番土や泥がついている「石づき(松茸の根のほう)」を鉛筆を削るようにカットする

基本的にはこれだけです。

 
カットしてみて、虫食い穴があれば「虫だし」をすることになります。

松茸は虫に食われていることがあります。

松茸を持ってみて軽いとか軸の部分を持ってみて柔らかいときは、虫に食われている可能性が高いです。

虫にがっつり食われていると結構柔らかいです^^;

 
虫ごと焼いてしまえば食べられないことはないですが、気持ち悪いですからね。

薄い塩水を用意して、そこに松茸を入れておきます。

虫が出てくると思います。

たくさん出てくることもあります…。

10分~20分浸けておくんですが、松茸の香りが失われるのが嫌な人は数分でも(虫が出ないかもですが)。

※松茸を半分に裂いたほうが虫が出やすい

水につけた松茸は、調理あるいは保存前に水分を拭き取ってください。

スポンサーリンク

見た目が悪い松茸(虫食い)の食べ方について

松茸はいろんな食べ方がありますよね。

松茸ごはん、土瓶蒸し、焼き松茸、吸い物、天ぷら、ホイル焼きなど。

贅沢な食べ方は、風味と食感を堪能できる「焼き松茸」です。

ちょっと塩を振って食べるとより美味しいです(個人的には)。

 
ただ、虫食いがあると虫だしをしても跡は残るので見た目は悪いです。

そういった松茸は、焼き松茸やお吸い物には適していません(見た目が)。

見た目の悪さを一番隠せるのは天ぷらです。

細かくカットする松茸ごはんなどもありですね^^

 
もちろん「見た目は気にならない!」という人は、どんな食べ方でもOKですよ♪

松茸の洗い方のまとめ

松茸はできるだけ水にさらしたくないので、短時間で洗うのがポイントです。

また、香りを失いたくないので優しく洗うのも重要です。

松茸の香りや味を落としたくないなら洗わないほうがいいんですが、お腹を壊すかもしれないというデメリットがあります。

どちらを優先させるかは、自分次第です^^

※サッと洗った程度で、そんなに香りが落ちることはない

松茸は虫が食っていることも多いので、そういう松茸にあたると気持ち悪いんですが、虫に食われているということは美味しい松茸ということでもあります。

逆に全く虫が寄り付かないものは怖いですね^^;

【関連記事】
松茸は腐るとどうなる?ぬめりがあるけど…判断基準や保存方法は?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました